ブライダルエステと一般のエステの違い


結婚式は女性が主役になれる晴れの場です。しかし、せっかく選んだウェディングドレスやカラードレスがどんなに美しくても、袖や首など、見える肌の色がくすんでいたり、二の腕や背中の肉がはみ出しているのが見えてしまったり、ニキビなどがあったりすると台無しになってしまいます。

ブライダルエステでもっとも重要視されること、そして目的は、結婚式や結婚披露宴の主役である花嫁として、結婚式当日に着る予定のウェディングドレスやカラードレス、白無垢などの和服を美しく着こなすことにあるといえます。特にウェディングドレス・カラードレスは、普段着ている服装とはまったく違うフォルムとなります。いつもは出さない部分が強調されますし、新郎はもちろん、結婚式に招いたゲストの注目を集めることになります。

そのため、通常のエステと、ブライダルエステとの大きな違いのひとつが、この「ウェディングドレス・カラードレスのため」に行われることにあります。さらに、結婚式や披露宴においては、もちろんビデオ撮影や写真撮影もあり、一生の記念に残ることになりますので、前もって計画的にブライダルエステに通って、全身くまなく施術を行うことが必要となります。